FXと外貨預金との違い

FXはどうしても概念が理解されることが難しい投資方法になっています。
特に外貨預金との違いについては誰もが明確にする説明することができないのが初心者の段階では当たり前のことでしょう。

そもそもFXについては外国為替のことであり、フォーリンエクスチェンジを略して、FXと呼んでいます。

まずFXと外貨夜勤の違いを説明していくにあたって手数料からです。FXについては様々な金融機関がありますが手数料は無料です。しかしながら、外貨預金については一万ドルあたり20,000円から80,000円が必要になります。

さらに投資ができる金額の上限ですがFXについては、そもそもリスクが高いと言うことも踏まえ自己資金の最大25倍までしか投資ができないことになっています。逆に外貨預金については自己資金の範囲が上限になっており、言い換えるといくらでも投資をすることが可能というのが大きなポイントです。

次に利益についての考え方です。FXについては為替変動で利益を出す機会を得ることになるので円安、円高のどちらでも利益を狙えるというのが大きなポイントです。

しかしながら外貨行については円安になった時だけ利益が出るというのがポイントになります。ここがFXと外貨預金の大きな違いかもしれません。もちろんのことながらFXについては値上がり値下がりの幅が大きいと言うことを常に考えなければなりません。

そして万が一預け入れ先の金融機関、取引先が破綻した場合の保険についてです。
FXについては国内の金融機関であれば金額信託保全により保証されます。しかしながら外貨預金については預金保険制度がありませんので、日本の通常の金融機関の預金と同じく考えておくと痛い目にあうので注意が必要です。

以上のようにFXと外貨預金ではそれぞれのメリットデメリットがありますが、インターネットの取引で、特に自己資金を少ない状態で大きなメリットを得ようとする場合、リスクは多いものの大きな利益を得たいと考える方々についてもFXがお勧めです。

なんといっても少ない自己資金からスタートできることを考えると、考えようによっては投資初心者がFXを投資手段として考えることもやぶさかでは無いのです。

リスクの取り方をどう考えるか、個人によって、持っている資産によって大きく異なってきますのできちんとシミュレーションをしてFXにするのか外貨預金にするのかを検討すれば良いと思います。